掲示板 & リンク

最近のトラックバック

Powered by Six Apart
Member since 06/2007

« 2008年9月 | メイン | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月 9日 (日)

CANON CANOMATIC M70

M701 M702 キャノン CANOMATIC M70
レンズ:40mm f2.8 (3群4枚構成)
シャッター:コパル、
シャッター速度:1 /30 、F 2 ,8~1 /800 、F 13シンクロ:フラッシキューブ専 用 ファインダーシャッター速度表示
焦点調節:レバーによるゾーンフォーカス 露出計:セレン光電池式自動プログラム式EE 内蔵モーターによるフィルム巻上(単4電池2本使用)サイズ:120×70×63mm 重量:400g 発売年月: 昭和45年3月 価格: 15000 円

2008年11月 7日 (金)

minolta AUTOPAK 700

Autopac1 Autopac2ミノルタオートパック700
前回更新から 早2ヶ月 今回は インスタマチック 126フィルム使用のカメラです。最近の円高のせいで思わず またフィルムを発注してしまいました。もう無くなるんじゃないかと思ったら不安でつい でも 1本から200円近く安くなった感じです。
このカメラは 1965年11月輸出向けに販売され 1966年(昭和40年)6月に国内販売されました。この年にはミノルタのヒット商品 SRT101が販売されてます。レンズは ロッコール f2.8 32mm  シャッター速度優先オート シャッター速度は B・1/30~1/250 絞り 2.8~22
cds内蔵露出計 二重像合致式ファインダー 使用電池H-D型 コダパックフィルム使用のカメラとしては 高級機だったんでしょうが あまり売れなかったみたいです。個人的には あまり好きなデザインではないですね。このカメラは 残念ながらフィルムの巻き上げが出来ません したがって シャッターが切れない状態です。露出計・ファインダーはOKなのでそのうち 一度分解してみようかななんて考えてます。